About Us

私たちについて

日本発。Kawaiiエンターテイメントをつくり、発信する。

株式会社サンリオエンターテイメントは、株式会社サンリオのテーマパーク事業が独立してできた企業です。
私たちはサンリオピューロランド(東京都)とハーモニーランド(大分県)の運営を通して、
コミュニケーションを取ることの楽しさや喜びを発信し続けています。

Business

事業内容

テーマパークの運営

サンリオキャラクターに会えるテーマパークとして、
コンテンツ(ライブショー、アトラクション・グッズ・フード)を企画・制作し、多くのお客様にご来場いただけるようにプロモーション(営業・広報・マーケティング)をしています。
そして、ご来場いただいた1日が、想い出に残るあたたかな時間となるように心を込めて、おもてなしをしています。

エンターテイメント
コンテンツ企画・制作

ライブキャラクターの制作、演出、育成や
国内・海外イベントの企画・制作を通し、
最上のエンターテイメントを追求し続けています。

Activities

私たちの取り組みについて

SDGsの取り組みを
支援しています。

SDGsとは?

持続可能な開発目標(SDGs)とは、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。
持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本としても積極的に取り組んでいます。

SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALS

その他にも、
さまざまな取り組みを
行っています。

  • 日出町活性化事業
  • 子ども体験塾の開催(多摩・島しょ広域連携活動助成事業)
  • 京王多摩センター駅、小田急多摩センター駅リニューアル事業

etc...

日出町活性化事業

ハーモニーランドがある大分県の日出町(ひじまち)とは、観光客の誘致や定住促進などの「日出町活性化事業」のタイアップを行っています。
シンボルマークの活用やハローキティがデザインされた住民票、日出町にあるJR暘谷駅(ようこくえき)の駅舎や構内のサンリオキャラクターデザイン装飾、キティマンホール設置などによりアピールを広げています。

ハローキティとくらすまち
緑豊かな山々と湧水に恵まれたまちをイメージ。
「くらすまち」部分の赤い文字は日が昇る様子をイメージ。
暘谷駅 待合室「ふれあい処」
暘谷駅 待合室
「ふれあい処」
暘谷駅 リボンデザインの連絡通路
暘谷駅 リボンデザインの連絡通路
日出町 マンホール
日出町 マンホール
暘谷駅舎
暘谷駅舎

多摩市や京王電鉄、小田急電鉄との連携事業

サンリオピューロランドがある東京都多摩市や多摩センター地区立地企業等と協力・協働し「ハローキティにあえる街」として、地域活性化の取り組みに協力しています。
ハローキティは親善大使に任命され、駅周辺はサンリオキャラクターの案内板やラッピング、マンホール蓋などが設置されています。

多摩市 マンホ-ル
多摩市 マンホ-ル

子ども体験塾の開催

サンリオピューロランドでは、多摩・島しょ広域連携活動助成事業である「子ども体験塾」として、町田市・多摩市・稲城市子ども体験塾実行委員会が夏休み期間に実施する、「サンリオピューロランドスタッフにチャレンジ!」に協力して、地域の子どもたちの夢と感動体験のお手伝いをしております。

子ども体験塾の開催(多摩・島しょ広域連携活動助成事業)

京王電鉄

また、サンリオピューロランドの最寄り駅である京王多摩センター駅では、京王電鉄株式会社との連携として、ハローキティの名誉駅長就任や、サンリオキャラクターたちをデザインに取り入れた駅装飾やフルラッピングトレインの運行などが進められています。

京王線特別ラッピング車両
京王線特別
ラッピング車両
京王多摩センター駅 改札前
京王多摩センター駅
改札前

小田急電鉄

小田急電鉄株式会社との連携として、小田急多摩センター駅は、「サンリオピューロランドアートステーション」をコンセプトに全270面のサンリオキャラクターデザインが装飾されている駅になっています。

京王線特別ラッピング車両
小田急多摩センター駅
改札前通路
京王多摩センター駅 改札前
小田急多摩センター駅
改札前