社員インタビュー
 エンターテイメント企画・制作部 制作課

喜びと、驚きと、感動を
提供し続ける
挑戦者でいたい。

入社のきっかけ

元々音楽が好きで、大学卒業後に音楽系の専門学校で2年半勤めていました。 その時、外部の講師の方が第一線の現場で活躍されている姿に影響を受け「自分も現場で働きたい」という気持ちと、ピューロランドであれば様々なエンターテイメントがあると思い、思い切って転職をしました。 当時、音響スタッフとしては、ショーの編集などを担当していましたが、同時に企画や制作の仕事もするようになり、段々と企画制作の比重が大きくなり、現在のセクションへ異動となりました。

現在の仕事内容

仕事のやりがい

ショーやイベントなどの立上げを通じて、様々な人に出会う機会があります。 また、数々のピンチやハプニングに遭遇するので、働いていてあまり同じ事がないところが魅力だと思いますし、やりがいを感じます。 また、ショーやアトラクションだけでなく、レストランのリニューアル業務まで、様々なジャンルの業務を経験できる職種はなかなかないかと思いますので、その点にもやりがいを感じます。

仕事のやりがい

大変だと感じること

「企画」や「制作」と聞くと、多くの方は好きな事をしていると想像されるかもしれませんが、実際は好きな事ばかりでないのが現実です。 「自分が好きな事=お客様が喜ぶ事」ではありませんし、やりたい事や好きな事を企画するのが仕事ではなく、お客様が楽しんだり、話題になったり、”ウケ”たり、多くの人が足を運んでくれる企画・制作をするのが、私の役割です。 ですので、ジャンルや好き嫌いを問わず、お客様が体感した事のない新しさを考えながら、自分ならではのエッセンスを入れ込み、日々楽しみながら業務に取り組んでいます。

大変だと感じること

好きなサンリオキャラクター

シナモンフレンズ